2010年06月01日

普天間、首相に結果責任=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は31日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題をめぐる混乱と、社民党の連立離脱を招いた鳩山由紀夫首相の責任について「首相は責任者だから、結果責任はあると思う」と述べた。
 社民党との今後の協力に関しては「(与党)3党合意で詰めている政策はしっかりと共闘して進めていければと思っている」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

日中首脳会談 友好ムード演出 韓国艦沈没は中国に配慮(毎日新聞)
「トトロ」「ラピュタ」のシール無断販売容疑(読売新聞)
<鉄道事故>踏切に男性侵入、はねられ死亡 JR中央線(毎日新聞)
赤字企業割合、初の7割超=交際費支出、ピーク時から半減−08年度分国税庁調査
24日に安保会議=哨戒艦事件の対応協議―政府(時事通信)
posted by カツタ アキラ at 11:59| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。