2010年04月24日

指導力不足教員12人 都教育委員会発表(産経新聞)

 都教育委員会は22日、平成21年度の指導力不足教員の指導状況を発表した。指導力不足と新たに認定された教員は12人で、前年度より3人増加した。制度が始まった13年度以降、3番目に多く、15年度以降では最多となった。

 都教委によると、このほか、指導や研修を受けても改善がみられず「教員として不適切」とされたのは7人(前年度比3人増)。また、研修中の自主退職者は3人(同1人減)だった。

 都教委は今後、新たに認定された12人と前年に引き続き2年連続で指導力不足とされた4人を合わせた16人の教員に「指導力ステップアップ研修」を実施する。「教員として不適切」と判断された7人には本人の希望を踏まえ、行政職への転職選考を実施する方針。

<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
自首の母親逮捕 福島、長男殺害の疑い(産経新聞)
「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見(産経新聞)
滑って転倒、7人けが=季節外れの降雪で−東京(時事通信)
西岡参院議運委員長、「憲法審査会規程の未整備は遺憾」(産経新聞)
posted by カツタ アキラ at 01:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。